空カフェ ~ゆる猫との暮らし~

超ど級の面倒くさがり屋が、8匹のゆる猫とおしゃれに暮らすために日々模索中。

わが家のソファーはデンマークのヴィンテージ。 半世紀以上前のもので、私より年上の年代物。(ちなみに私もかなりの年代物)(;゚∇゚)/ ねこたちは心地いい場所を知っている。 ソファーに座れない人がラグに寝っころがっているのは内緒。( ̄d ̄ シー ヴィンテージソファー ... 続きを読む
わが家のソファーはデンマークのヴィンテージ。
半世紀以上前のもので、私より年上の年代物。(ちなみに私もかなりの年代物)(;゚∇゚)/
ヴィンテージ1
ねこたちは心地いい場所を知っている。
ソファーに座れない人がラグに寝っころがっているのは内緒。( ̄d ̄ シー

ヴィンテージソファー購入の理由はこちら↓
猫とヴィンテージソファー。

清水の舞台から飛び降りて購入したヴィンテージソファーも、ねこにとっては関係ない。
ヴィンテージ2
もちろん全くバリバリやられないわけではないけれど、
バリっと聞こえたタイミングでKAZが慌てているのを見ているので
どこで研いでいいか悪いかは、それなりに学んでいるよう。

でも私としては、研ぎたくなるような素材を置いたんだから諦めろと言いたい。
とはいえ、研がないでいただけたらそれに越したことはない。


ならば研いでもいいものを置けばいいんじゃないか。


はい、思う存分研ぎたまへ。
爪とぎ1
「いいの?」

爪とぎ2
「では。」


爪とぎ3
「いかせていただきます」


爪とぎ4
「バリバリバリバリ」


ソファーを購入した雑貨屋さんでセールになっていたスツールをあえて爪とぎ用として導入。
爪とぎ5

フェルト調の素材なのでバリバリ研いでも起毛っぽく毛玉風になる程度。

ダンボールの爪とぎみたいに、削りカスが出ないのでありがたい。
でも、ひとつだけ言わせていただくと、
これをバリバリやってる音が、ソファーをバリバリやっている音に聞こえて仕方ない。



Instagramはこちら


JUGEMテーマ:ペット



JUGEMテーマ:ヴィンテージ



JUGEMテーマ:北欧インテリア