小さい頃から写真を撮るのは大好きだった私。

とはいえISOの意味以外ほぼほぼ分からず
野生の感でひたすら撮ってきた、半世紀。

今回ご縁あってずっとずっと受けたかった
写真で魅力発掘の栗本恵理さんのカメラ講座に
初めて参加することができました〜♪
no title
猫写真の撮り方については一度参加したけれど
カメラについて教わるのは
53年生きてきて初めて♪

しかも場所は狩仲間のエリーちゃん邸♪

私のカメラはCanon入門機 EOSkissx7
今回は「標準レンズ」を使って撮ってきました。

F値とはなんぞや!

F値(絞り)を変えるだけでボケ感がかわるということ。
ちなみに私を絞っても「ボケ」は変わりません。
 
同じ写真で比べてみると
F値(絞り)を大きくして撮った場合と
6

F値(絞り)を小さくして撮った場合の違い。
7
たったそれだけでボケ感にこんなに違いが出ちゃった。

シャッタースピードと光の関係

次にシャッタースピード。

シャッタースピードを私の解釈で言うと、まばたき。
(あってるのか??)

シャッタースピードが速いと
シャッターが速く閉まるので、
取り込む光も少なく、つまり写真が暗く写る。
1
その逆にシャッタースピードを遅くすると
シャッターがゆっくり閉まるので光がたくさん入り
明るい写真が撮れるんです。
2

ではもう一度。

シャッタースピードを速くすると暗く
3
シャッタースピードを遅くすると明るく撮れ
4
暗く撮った写真を、加工で明るくするとこうなります。
5


【あえて暗く撮るのも、あり

動いている光を撮ると、こんな風に躍動感が。
8
これを「あとで明るく加工する前提」で
シャッタースピードを早めにして暗い写真を撮り
9
あとから写真を明るくすると、
さっきと同じスピードで動いてるものが
止まったようにみえちゃうっていう写真。↓
10
暗さによってノイズも多く入るけど、
これもひとつの手段。

【立ち位置とズーム】

また、こんな風にお料理全体を撮る場合は
奥のお料理が分かりづらくなるけど
18
ある程度下がった位置からズームで撮ると
こんな風にお料理もしっかり撮ることができちゃう。
19
写真の撮り方の本で読むだけでは理解しにくいことも
ひとつひとつ解説していただきながら
実際に撮ってみることで発見の連続♪

オーバーフィフティの私は
すでに忘れていることもたくさんあるので 
恵理さんのブログを読み漁り
おさらいしてみようと思っています。 

写真で魅力発掘ではスマホ写真の撮り方も
色々書かれているので
ぜひのぞいてみてください(*゚▽゚)ノ 

で、当日私が撮ってきたその他の写真は
こんな写真。笑 
11

3

12

13
どアップのお料理だけでなく
素敵な雑貨も撮ってきました♡
14
どこを見てもフォトジェニックで
16
部屋中うろついて怪しい人になってました( ̄▽ ̄)
17
わが家では絶対飾れない素敵な雑貨に囲まれつつ
爆笑しながらのカメラ講座は
心もお腹も満たされた勉強会となりました。

ご一緒したそうそうたるメンバーも
この日の写真を載せてくれています。

私もどこかに写り込んでいるので
ぜひ探してみてね〜( ̄▽ ̄) 


そしてこの日のために奈良から来てくださった
講師の写真で魅力発掘の栗本恵理さん 
全部忘れないうちに、2回目の講座を切望します( ̄▽ ̄)♡ 


ひっそりやてる写真のインスタグラムも見てね♪
↓↓↓
デジタル写真専用

フィルム写真専用


猫ブログも更新中!
bnrcat_1

絵日記ブログ描いてます。
bnr

btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます