新居探し、2件目は関東某所の新築マンション。

この新築マンションは、見に行く予定ではなく
急遽勉強のために行ってみるかと前日に決め、来場予約を入れた。

当日はあいにくの雨。
これが、今まで過去に見て来たマンションとは比べ物にならないほど、
間取りといい、内装といい、価格といい、かなりツボな物件だった。

相方とふたりでテンションあがりまくりで
写真を撮ってくることも忘れたくらいだった。

「買っちゃうか!」とノリノリで帰宅、早速お互いの実家へ連絡。

どちらの親も、反対。

入籍もしていない相方と私。
「貯金もないのにマンションなんか買うな!」
「払えなくなったらどうするんだ。今は買い時じゃない。」

この年になって親に色々言われると思ってなかったので、ちょっと拍子抜け。

どちらの親の言い分も、十分理解できる。
ただ、反対の理由としてはどうしても「こじつけ」にしか聞こえなかった。

持ち家を手放した経験がある父。
「先がどうなるかわからないのに不動産を買うなんて無謀だ」
父の経験上、心配なのはよくわかる。

相方の家では
「彼女が働けなくなったらどうするの?」
最初から私の収入は当てにしないで計算していたし、
そんなことは私に限ったことじゃない。
だれだって明日のことはわからないんだから。

諸手を挙げて賛成してもらえるとは思ってなかった。
でも、そんな理由で反対されるとは思ってもいなかったので
そんな風に思われていたんだ~・・・・って色々考えさせられた。

でもさ。そんなこと言ってたら、なんにもできないよ。