なんども書いているけど、小さい頃から超面倒くさがり屋の私。
そんなわが家には水切りカゴが、ない。
3.jpg
一人暮らしを始めた頃は使っていたのだけど、
どう見ても狭いキッチンに鎮座する水切りカゴがオシャレじゃない。

しかも水切りかごを使っていない時間が圧倒的に多いため、
なんならいらないじゃん!と、10代のうちに水切りカゴに別れを告げていた。

当時はハンドタオルを敷いて、洗った食器を伏せ、ふきんで拭いてしまうというスタイル。

一人暮らし歴のあるKAZと暮らすようになってからは ” 水切りカゴが欲しい ” と言われるも
水切りカゴを掃除するのが面倒だからダメ~と却下し続けた。

今の家のキッチンには、初めからシンクに渡す水切り板が付いているのだけど
ここに越してきてから1度も使っていない。
水切り板
これをどこにしまっているのかというと…
なべ2
お鍋の奥に。
なべ1
2011年2月のキッチンと比べると、モノが増えた~

では、食器を洗う時はどうしているかというと
4.jpg
interDesignのドライマットを使っている。
5.jpg
これは数年前、恵比寿にある P.F.S PARTS CENTER でみつけ、試しに購入。
6.jpg
これが予想以上に使い勝手が良くて、Amazonでアイボリーと柄ものを2枚追加購入。
7.jpg
裏はこんな感じ。
8.jpg
大物を洗った時は2枚広げて使うこともできるし
何よりキッチンクロスと一緒にしまっておけるのがありがたい。

私の場合、手荒れがひどいので
KAZママに「食洗機を使ったら?」と言われたこともあるのだけれど
後付けをどーんと置くことは皆無だし、
ビルトインにするとしても、
食洗機本体の洗浄がアレなのは、カフェのキッチンで働いていた時に学んだので
超面倒くさがり屋の私の選択肢には入っておらず。


以上が、私の ” 水切りカゴを使わない理由 ” なのだ。


そのメリットは…

・シンク周りがスッキリする。
・なので、掃除が楽。
・水切りカゴを洗わなくてイイ。

デメリットは…
・特に思い当たらない。


とはいえ、生活スタイルでも変化すると思うので、
キッチン周りの新しい何かを思いついたら、また変わるのかもしれない。