昨日の"リビングの壁"の続き、
プロジェクターのお話です。

32型液晶TVをリビングから撤去したのは
TVをほとんど見なくなったことと
見なくなったTVの存在感を消したかったから。

わが家がプロジェクターを購入したのは数年前。
acerの単焦点プロジェクターです。
3
プロジェクターと聞くと
天井についているイメージですが
わが家が天井に吊り下げないポイントがあって
1つめは、単焦点ならではの大画面投影をするため。

プロジェクターの位置を壁から離していくと
画面が大きくできるのですが、
これは最大約300インチまで映すことができます。
(幅およそ6m弱)

2つめは、寝室で寝ながら映画が見たかったから。笑
移動できれば、結果どこにでも映せるということ。

3つめは、スピーカー。
もちろん繋ぐことも可能ですが
これはステレオスピーカー内蔵なので
外付けする必要がないということ。

わが家はマンションのため
映画を大音量で見ることができないことと
置き型のスピーカーは考えていなかったので
ステレオスピーカー内蔵は絶対条件でした。
2
↑これは昨日の記事にも載せた写真ですが
窓際から扉までが2250mmです。
スクリーンサイズで例えるとおよそ100インチ。2
スポーツなどはだいたいこの壁に映して見ることが多いです。

そして、ここから左側。
少し斜めになっている収納部分を含め
扉右端から左端までが2000mm。
13
扉を閉めたところまで映すと
こんな感じになります。
3
わが家はカーテンがないので
昼間はこんな感じで薄めですが
写真と比べると実際はもう少し見えます。
4
イメージとしては、アパレルなどのショップで
照明のある店内で壁に投影されている映像のような感じです。
5
壁に映すと猫が集まってきます。

そして、上の写真と同等なサイズで
暗くなってから映すとこんな感じ。
8
海の中を映すと水族館みたい!笑

そしてここから更に大きく、
斜めの収納扉の部分まで映すと
こんな感じに。
9
扉を閉めた状態でおよそ195インチというサイズ感です。
(写真の映像の幅は、およそ4m)

映像を見ていると、扉の凸凹は気になりません。 

普段はKAZが設定してくれるのですが
私が写真を撮るためだけにテキトーにやったので、
なかなか斜めっています(´∀`; )

今回の写真に使ったものは昼夜ともに
YouTubeのヒーリング映像を映しているのですが
ヒーリング映像・音楽を流していると
猫たちも集まってきて、まったりするんです。
10
このプロジェクターを選んだ
4つめのポイントは
通常の2D映像も3D変換して見られること!

通常のテレビやスポーツ、アーティストのライブ。
映画や花火動画、海底も
3Dで見ることができるんです。

そして、カーテンがないので
ガラスにも反射して映るのですが
それを利用して花火やオーロラの動画とか投影すると
そこにあるかのように見えたりも。 
11
どれもとってもキレイなのですが、
プロジェクターの最大の魅力は、
どんな映像も猫たちと一緒に見られること!

映画館に行かなくても
旅行に行かなくても
8匹の猫と一緒に世界中どこにでも行けること!(擬似だけど・笑)

わが家は映画、YouTubeはアップルTVで見ていて
テレビはチューナー(別売り)をつないで見ています。
これでiPhoneの写真や動画も見られます。
1
最近は任天堂switchを投影して
100インチでゼルダの伝説をやる"ダメ人間っぷり"を発揮しています。笑

ゼルダ?
もちろん3Dでできちゃいます!
大画面3Dゼルダの壮大さが半端ない。笑 

と、こんな暮らしをしているのも
実は、わが家は8匹の猫のうち
2匹が闘病中でして
糖尿病の子は今年で闘病4年目。

毎日朝晩決まった時間に
インスリン注射をしているので
泊まりがけで旅行に行くこともなく。

2人でよく出かけた
ナイターやライブにも行かなくなったので
猫たちと一緒に、こんな風に日々の暮らしを楽しんでいるのです〜(*´ ꒳ `*)

もちろん、猫が好きな動画も映してます( ̄▽ ̄)♪



btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます

↓猫好きの方は猫ブログもどうぞ(=゚ω゚)ノ
bnrcat