空カフェ ~ゆる猫との暮らし~

超ど級の面倒くさがり屋が、8匹のゆる猫とおしゃれに暮らすために日々模索中。

カテゴリ: Apple製品

今日は【Apple Pencil ペン先交換】についてちょろっと書きます。まず、私がiPad Proに貼っているペーパーライクフィルムは、これ。 2016年12月にiPad ProとApple Pencilを手に入れて、3年半が経ちました。使い方としては、“すごく凝った絵を長時間描いている”というわけ ... 続きを読む
今日は【Apple Pencil ペン先交換】についてちょろっと書きます。

まず、私がiPad Proに貼っているペーパーライクフィルムは、これ。
 

2016年12月にiPad ProとApple Pencilを手に入れて、3年半が経ちました。

使い方としては、“すごく凝った絵を長時間描いている”というわけではなく、“質素な絵をサクッと描く程度”ですが、2017年4月から絵日記ブログをiPad Proで絵を描き始め、2018年4月18日に【初めてペン先を交換】しました。
 
その後絵本を描いたりLINEスタンプ絵文字を作ったりして、2019年10月31日に【2回目のペン先交換】をしました。
ちなみに、前回ペン先を交換した時に購入した予備が、これ。
p1
ペン先4つ入りです。
p2
¥2,376(税込) 
p3
今回交換しようと思ったペン先が、これ。
p4
周りが削れて先っちょの芯が出ちゃってます。
p5
こうやって比べると分かりやすいかと思いますが
p6
右が新品で左がおよそ1年半使ったペン先です。
p7
これでペーパーライクフィルムが傷ついたりはしてませんが、書き味が変わってペン先が引っかかる感じにはなります。

1回目の交換がおよそ1年4ヶ月
2回目の交換がおよそ1年6ヶ月

つまり、私がペーパーライクフィルムを貼ったiPad Proを3年半使い続け、Apple Pencilのペン先交換をしたのは2回。

で、初代Apple Pencilには交換用のペン先がひとつ付いているので、3年ほどは買わなくても大丈夫だったということになります。
1
どれくらいで交換するかは使い方や個人差はあると思いますが、ペン先は新しいApple Pencilにも使えるので、買い替えを検討している方はペン先の心配はいらないかと思います。

それから、先日新しくiPad ProとApple Pencilを購入したので、初代との比較もしてみようと思います。


iPad ProとApple Pencilを手に入れ、紙とデジタルの違いを同じ絵で検証してみたりもしました。 
 

 

 

 
モバイルアプリ「Adobe Lightroom mobile」「Adobe Photoshop Mix」で加工したお話。
 

 

 

 

 




bnrcat_1
ゆるゆる絵日記、お召し上がりください。
bnr
LIMIAでも記事書いてます(*゚▽゚)ノ
2

house_bnr

btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます
                                                                                                                                        

iPhone7が【圏外になる現象】のリコール期間が1年延びていたので、無償交換してもらいました!2016年9月17日に手にした“iPhone7” リコールについて、昨年コッコさんも書いてます(*゚▽゚*) 実は、昨年秋頃からちょいちょい【圏外】になることがあったのですが、当時“リコ ... 続きを読む
iPhone7が【圏外になる現象】のリコール期間が1年延びていたので、無償交換してもらいました!

2016年9月17日に手にした“iPhone7”
 
リコールについて、昨年コッコさんも書いてます(*゚▽゚*)
 

実は、昨年秋頃からちょいちょい【圏外】になることがあったのですが、当時“リコール対象期間の3年(2019年9月まで)”を過ぎたばかりだったので、圏外になるたび再起動して使っていました。

2016年9月17日〜2020年6月18日まで、3年9ヶ月愛用したiPhone7。 
1
圏外になる現象が確認されているのは、2016年9月から2018年2月までの間に製造され、中国大陸、香港、日本、マカオ、および米国で販売された iPhone7で、
2
日本で販売されたiPhone7のモデル番号がA1779のもの。

私のiPhone7は予約購入で発売当日に入手したので対象になります。
3

リコール期間を過ぎていたので諦めていた“無償交換”

最近では【圏外】の他に、突然【シムが認識されません】の表示が出たりもしてて、データが飛ぶ前にそろそろ買い換えないとダメかな〜と考えていました。

そのタイミングで“今年の9月まで『リコール期間1延長』になっていた”ことを知り、無償交換対象かを診断してもらいに行くことにしました。

・Apple正規サービスプロバイダ
・Apple Store直営店
・Appleサポート

この中から自宅に近い“Apple正規サービスプロバイダ”で2日後に予約、iCloudにバックアップを取り、LINEもバックアップして準備OK!

当日店頭で診断をしてもらい、無償交換対象とのことで3年9ヶ月使ったiPhone7が新品になって戻ってまいりました( ̄▽ ̄)

フィルムが貼ってある〜♪
4
初期状態のiPhone7は、こんな待受だったのか〜と、全く記憶にありませんでした。笑
5
もちろん、愛用の“愛猫iPhoneケース”はちょっとヒビも入ってるけどそのまま使います。

ただし、“製品としては同じものなので同様の現象が起きる可能性”もあります。

万が一同じ現象が起きても診断の結果が【無償交換対象】であれば、今年の9月までなら無償交換していただけるそうです。

実際3日後に同じ現象になったという方もいるようですが、とりあえずバッテリーが新しくなったのは嬉しいです!

リコール期限は今年9月までなので、同じ症状の方は問い合わせてみるのもいいかもしれないですね!





【その他Apple製品関連】の記事はこちらから!

bnrcat_1
ゆるゆる絵日記、お召し上がりください。
bnr
LIMIAでも記事書いてます(*゚▽゚)ノ
2

house_bnr

btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます
                                                                                                                                     

今年に入ってKAZさんが仕事用に購入した『Beats Studio3 Wireless』。音楽やweb会議はもちろん、両手が使えるのでPC作業しながら電話で話すこともできる、便利なワイヤレスヘッドホン。これ、とってもおしゃれなんです。Beatsは2008年に創立されたアメリカのオーディオメーカ ... 続きを読む
今年に入ってKAZさんが仕事用に購入した『Beats Studio3 Wireless』
音楽やweb会議はもちろん、両手が使えるのでPC作業しながら電話で話すこともできる、便利なワイヤレスヘッドホン。

これ、とってもおしゃれなんです。
1
Beatsは2008年に創立されたアメリカのオーディオメーカーで、有名人にも愛用者が多いそう!

2014年にAppleがBeatsを買収、Apple傘下になりました。

Apple Store


箱も素敵!
2
おしゃれな箱を開けると
3
持ち運びに便利なコロンと丸いケースが登場。
4
ケースの中には折りたたまれたヘッドホンが入っていて
5
取り出すとこんな感じ。
6
コンパクトに持ち運ぶこともできるこの『Beats Studio3 Wireless』のすごさは
7
クリアな音質、
8
デザインの良さ、
9
そして何より連続再生時間が長いところ。

一般的なワイヤレスヘッドホンはバッテリーの持ちが短いという点。

でも、Beatsのワイヤレスヘッドホンは充電時間が短く再生時間が長いという特徴があるのです。

KAZさんは仕事で電話に出たり、会議に出たり、音楽を聞いたりするため短時間充電で長時間使用可能なこのワイヤレスヘッドホンを選んだそうですが、ワイヤレスにしたのは、Apple純正イヤホンの線を猫に何度も切られてしまっているから。笑

で、私が音楽を聞いたりゲームやZOOMをする時に使っているヘッドホンが、SONYのゲーミングセット。(右)
10
比べてみると、こんなサイズ感で
11
SONYのゲーミングセット(右)はゲーム用ということもあって、割と大き目です。
12
それぞれ最大に伸ばすとこんな感じ。
13
スピーカーの形はSONYの方は耳の形に合わせて後ろが深めな形です。
14
音楽にもヘッドホンにも全く詳しくない私が聴き比べてみました。

Beatsは音楽を聴くためのヘッドホンといった感じがしました。

SONYは、これでゲームや映画を見ると、360度音が聞こえる臨場感で、とてもリアルで、ゲーム中キャラクターの吐息が耳元で聞こえる気がします。

かなり大きな音でジャズを聴いたりしても、どちらもヘッドホンから音漏れもなく、自宅で仕事をしながら音楽を聞いたり電話をしたりも快適だと思います。

Beats箱からのケースを取り出すと、
15
中にアクセサリーが入っていてます。
16
持ち運びに便利なアクセサリーパーツもおしゃれ!
17
デザインか、機能かを選ぶのではなく、デザインも機能性もあるBeats、オススメです。
18
私はプレステ4メインで使うつもりで選んだのでお手頃価格のSONYのゲーミングセットにしましたが、Beatsはデザインもグレードも豊富なので、短時間充電で1日中使いたいという方にはオススメです!
19
書いてたら私も欲しくなった( ̄▽ ̄)

私が欲しいと思ったのは、下に貼ってあるBeats EPと、専用シールです♪

可愛いシールがたくさんあるので、それを探すのも楽しそう!


ちなみに「なぜワイヤレスイヤホンじゃないのか」は、それが使えない耳だから( ̄▽ ̄)

KAZさんはイヤホンとヘッドホン両方使っています。



私のワイヤレスヘッドホンはコレ!

KAZさんのワイヤレスヘッドホンはコレ!

こんな可愛いにゃんこのシールも♪






インテリア専用Twitter
btn_twitter
↓猫好きの方は猫ブログもどうぞ(=゚ω゚)ノ
bnrcat
ゆるゆる絵日記、お召し上がりください。
bnr
house_bnr
btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます
  

この記事を絵日記ブログに書いて2年以上経ちましたが、実は今でもたまに検索で来てくれるんです。先日Adobe frescoのプレリリースユーザーに選んでいただいたこの機会に『Apple Pencil』と『鉛筆』の違いの検証を、あらためてこちらのブログに加筆修正して投稿します。2017年 ... 続きを読む
この記事を絵日記ブログに書いて2年以上経ちましたが、実は今でもたまに検索で来てくれるんです。

先日Adobe frescoのプレリリースユーザーに選んでいただいたこの機会に『Apple Pencil』と『鉛筆』の違いの検証を、あらためてこちらのブログに加筆修正して投稿します。

2016年のクリスマスと誕生日プレゼントを兼ねてKAZさんから頂いたiPad ProとApple Pencil。

現在は新しいiPad Proも出ているので、この記事は「初代iPad Pro」と「初代Apple Pencil」の検証ということになります。

私より先に試すいっくん。
1

当時、このiPad Pro 12.9について、サイズや使用感をよく聞かれました。

まず、私がiPadを入手する前の環境は
● MacBook Pro13インチ
● iPhone7
 
PCではIllustratorとPhotoshopをメインで使いお絵かきはiPhone7に描いていました。

iPad Proの大きい方とMacBook Pro13インチのサイズ比較はこんな感じ。
09

液晶の縦横比が若干違う程度でほとんど差はありません。
010

PCを買うか、iPad Proを買うか迷っているという相談をされる事があるのですが個人的にはPCとiPadは別物という認識で、長い間PCを使っていたせいかお絵かき以外はPCの方が色々と扱いやすいと思っています。

私にとってiPad Proは大きなスマホという感じなのでご検討される方はどんな作業をするかによってPCかiPadかを選ぶのがいいのではないかと思います。

さて、前置きはこのくらいにして、ここからが本題( ̄▽ ̄)b

*****************************

私がiPad Proをもらった日、開梱して最初に「純正メモ」で絵を描いてみた。
2

私がiPad Proで試したかった事は『Apple Pencilで絵を描く』ということ。

Apple Store表参道でApple Pencilを初めて使った時、実際に紙に描いた絵と描き味や質感、仕上がりがどれくらい違うのかとにかく試したいと思った。

めでたくiPad Proが手元に来て、大学時代に授業で描いた絵を引っ張り出して来た。

これは画用紙に色鉛筆で書いた絵をケントボードに貼っている。

01
古いからシワが寄っちゃってる〜。

MediBang Paintという無料アプリを使い『鉛筆』0.1〜0.5を使い分けて刺客にも負けず、この絵の模写ってみた。 
08
 
02

鉛筆の0.1〜0.5を使ったのは
03
できるだけ元の絵に近い環境で
04
仕上げたいと思い
05
ペンやベタ塗りは使わずひたすら塗り続けてみた。
06
キリがないのでこの辺でやめてみた。
07
並べてみると、こんな感じ。

当たり前なんだけど紙に描く絵とiPad Proで描く絵は似ているけれど全然違うということが分かった。

紙には紙の良さがあって、iPadにはiPadの良さがある。どっちがいいかは比べられないという結果に至る。

これは使う趣旨によってはPCとiPadが比べられないのと同じ感覚かもしれない。

色をつけない鉛筆だけの絵も比べてみた。
011
左:PadPro   右:紙
縫い目とか超適当 (;゚∇゚)ノ
でも色をつけないと、更に手書きっぽい。

絶対的に違う点は、当たり前だけどiPadは消しゴムのカスは出ないし手が汚れないところ。

紙だと鉛で手が真っ黒になるのね。
でも、私はそれも好きだったりする。

iPadは紙みたいにくるくる向きを変えて色を塗ったり描くのが、ちょっとアレ。

アプリの操作とか難しいことは抜きにして感覚的に紙と鉛筆を持ったように使うとどんな違いがあるのか試したかった。

アプリを使いこなせる人ならもっともっと世界も広がるんだろうな〜。

**************************************

この記事を書いてから早2年5ヶ月。

現在も変わらず同じスペックで絵を描いていますが、お世話になっているAdobeさまより、Adobe frescoのプレリリースユーザーに選んでいただいたので、毎日描いている絵日記ブログのキャラクターをAdobe frescoの水彩で試し描きしてみました。

プレリリースユーザーの期間は限られていますが、このアプリを使ってもうちょっと違う感じの絵も描いてみようと思います。
 

 
 
Adobe関連記事








 

bnrcat_1
ゆるゆる絵日記、お召し上がりください。
bnr
LIMIAでも記事書いてます(*゚▽゚)ノ
2

house_bnr

btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます
                                                                                                                                      

おととしの年末にゲットしたApple Pencil。 絵日記ブログやスタンプを描く程度だけどほぼ毎日使ってもうすぐ1年4ヶ月。 昨日はじめてペン先を交換することに。Apple Pencilにはスペアがひとつ付いているのでそれを付け替えました。私は元々筆圧が弱いことと絵日記もラフな ... 続きを読む

おととしの年末にゲットしたApple Pencil。 

絵日記ブログスタンプを描く程度だけど
ほぼ毎日使ってもうすぐ1年4ヶ月。

昨日はじめてペン先を交換することに。
1
Apple Pencilにはスペアがひとつ付いているので
それを付け替えました。
2
私は元々筆圧が弱いことと
絵日記もラフなテイストなので 
1年4ヶ月使ったペン先の磨耗も
それほど大きくはありません。
3

4
新しいものと比べると、これくらい。
写真が小さいので分からないかな〜
(下が新しいもの)
5
私の場合、たまに引っかかることがあったので
早めに交換したけれど
ペン先を使い込むと中心から金属が出てくるので
減ってきたな〜と思ったら
気にしながら使うのがいいかもしれないですね。 

付属のスペアを使ったので
KAZさんについてアップルストアに行ったついでに
新たにスペアを買っておきました。
6
4つ入り。

ちなみに、ほぼ4ヶ月前に
ペーパーライクフィルムを貼ったのですが
そこから磨耗が早くなった気がします。

Apple Pencilが発売されるずっと前
KAZさんが、絵を描きたいとっている私に
WACOMのペンを買ってくれたのですが
7
私との相性が悪いようで
ほとんど使ったことがありません。

何が使いづらいかというと、太さ。

大学時代から愛用のシャーペンが
右の製図用の2本で
1番左がWACOMのペン。
8
持ち手もそうだけど
ペン先の太さが歴然。

とはいえ、KAZさんが
私が喜ぶと思って買ってくれたものだから
今更だけど時間をかけて使ってみようと思います♡

以前猫ブログ・絵日記ブログに書いた
iPad×Apple Pencil関連記事です(*゚▽゚)ノ



今日の絵日記は美容院ネタ↓
bnr_1
8匹の親子猫ブログも更新中!
bnrcat
btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます
                    

私がiPad Proを手に入れたのは去年の冬。もうじき1年が経とうとしています。Apple Pencilを使っている方はiPadProにペーパーライクフィルムを貼っている場合が多いのですが、特に不便に感じなかったので1年貼らずに使っていました。とはいえ調べものをしていると何かと検索で ... 続きを読む
私がiPad Proを手に入れたのは
去年の冬。

もうじき1年が経とうとしています。

Apple Pencilを使っている方は
iPadProにペーパーライクフィルムを
貼っている場合が多いのですが、
特に不便に感じなかったので1年貼らずに使っていました。

とはいえ調べものをしていると
何かと検索で引っかかるので
自分に合いそうなものを選んで貼ってみることにしました。

私がチョイスしたのは
ミヤビックスの OverLay Paper 
1
ペーパーライクフィルムは液晶が見づらくなると聞きますが
私の場合は、iPhoneの保護フィルムも
元々マットタイプを好んで貼っていたので
購入にあたり、そこはあまり考えていませんでした。

右がマットタイプを貼ったiPhone、
左がガラスコーティングしたiPhone。
比べるとこんな感じ。
2
マット保護フィルムを数年使い、
よく触る部分が少しはげているのがわかります。
3
ノーマル状態のiPadを比べてみると、こんな感じ。
4
iPadにミヤビックスのOverLay Paper を貼って比べると
こんな感じになりました。
5
写り込み具合はこんな感じ。
6
上から比べてみるとあまり変わりがわかりませんが
7
自然光に反射させてみるとマットな感じがわかります。
10
ゲームを表示して比べてみました。
iPhoneにピントを合わせたものと
8
iPadにピントを合わせたもの。
9
貼っていない方はかなりクリアです。

実際のフィルムを手に取って感じたことは
厚い!そして当たり前だけどザラっとしている!
iPhoneのマット保護フィルムと比べると
細かい凹凸が大きく、それが乱反射させるんですね。
ただ、個人的には慣れると気にならない程度です。

使ってみて、描くときのペンのコツコツ音が
かなり静かになったと感じましたが
絵や文字はほとんど変わらないと感じました。

描きやすいかどうかも、
個人的にはあまり変わらないかな〜 

静かにはなったけれど、
色鉛筆で色を塗るように
ペンを細かく滑らせたい時などは
ペン先が削れる気がすることもあるので、
どちらにせよ、良さもあり悪さもあると言ったところでしょうか。

どんな風に絵を描くかによって違うと思うので
貼ったほうが絶対いい!とは言えないと感じました。
でも、使い方によっては描きやすくなる方もいると思うので
一度試しに貼ってみるのはお勧めします。

また、たくさんの方が
色んなフィルムを比べているので
検索してみるのも面白いし、お勧めします。

私の場合は絵日記ブログの他に、
こんな絵を描いたりします。

Apple Pencilと鉛筆の違い
 


******************************
お休みしていたオーダーを昨日から再開しました。
しばらくは少しずつの受注になります。
オーダー在庫数はminneでご確認ください。
******************************