空カフェ ~ゆる猫との暮らし~

超ど級の面倒くさがり屋が、8匹のゆる猫とおしゃれに暮らすために日々模索中。

カテゴリ:DIY > キャット&ワークスペース

前編からのつづきです。 ひとつ目のこだわりポイントは『棚受けが見えないようにする』こと。今回は「コの字型」のスペースに棚を作るので、大きな棚受けは使わず、“棚板で隠れる長アングル”で3点を支えることにしました。壁紙を貼り終えたら両サイドの壁(石膏ボード)に ... 続きを読む
前編からのつづきです。


ひとつ目のこだわりポイントは『棚受けが見えないようにする』こと。

今回は「コの字型」のスペースに棚を作るので、大きな棚受けは使わず、“棚板で隠れる長アングル”で3点を支えることにしました。

壁紙を貼り終えたら両サイドの壁(石膏ボード)に、横柱と同じ高さにアンカーで長アングルを打っていきます。(アンカーとネジはIKEAのネジセットを使いました)
s20
両サイドが決まったら棚板を乗せて、造作壁の面につける長アングルの位置を決めます。
s21
これで棚受けの取り付けが完了です。

次に、無垢板に猫さんが通るための穴をあけます。
s22
IKEAの電動ドリル(FIXA 7.2v)の細い方で点々と直径20cmの穴を開けました。

そして、棚板の下の長アングルの位置にシャーペンで跡をつけて
s23
長アングルが少しでも見えなくなるよう
s24
板を削ります。ざっくり( ̄▽ ̄)
s25
そうそう。けっこうあいていた「節の穴」には、家にあったモデリングペーストを突っ込んでみました。(白いところがそう)

また、ビバホームカットしてもらった時の細いハンパな無垢板2枚は、長さ1.5cmほどの小さなジョイント金具でつないで、1番下の棚板として使います。

こうして完成した棚板と
s26
寝室の壁を
s27
合体!
s28
上から
s29
1段ずつ
s30
下に進みながら
s31
棚板をつけていき
s32
1番下に、ジョイント金具でつないだ少し奥行きの少ない板をつけて、棚板設置完了!
s33
この隙間が、ふたつ目のこだわりポイント『ノートPCやタブレットを収納するスペース

そして、3つ目のこだわりポイントが、コンセント。
s34
足元のコンセントに延長コードをつないで、上の収納スペースに通すことで、足元のコードがもたつくことも邪魔になることもなく、収納したまま充電もできちゃうようにしました。
s35
そして、3口コンセントの真ん中は【点検口】からコンセントとして使えるよう残し
s36
上下ふたつに長さ違いの延長コードをつけて、↓こんな風にどの位置からでもこんせんとが 使いやすいようにしました。
s37
タブレットとノートPCを収納して、立った目線から見るとこんな感じで、延長コードは見えません。
s38
また、わが家は猫さんがいっぱいいるので、コンセントが手の届かない位置にあるのは安心です。
s39
右側に短い棚板があるのは
s40
デスクから上の板まで60cmの高さがあるため、猫さんが上に登る時に使うふみ板としてつけました。
s41
最初は上にもう1段多くつけようかと思っていましたが
s42
スッキリさせたかったことと、今まで猫が使っていたIKEAのシェルフと同じ(IKEAの収納ボックスが入る高さ)にしようと思ったことで、こんなサイズ感になりました。
s43
正面から見ても棚受けは見えず
s44
スッキリしたスペースができました。
s45
今年1月14日に最初の材料を買いに行き、そこからひとりでコツコツと取り掛かった『キャット&ワークスペース』

壁紙入荷待ちの時間も含め、2月10日に12才になった愛猫一球(いっきゅう)のお誕生日に合わせて、無事完成しました(*゚▽゚*)ノ

あれからおよそ1ヶ月。
s46
ママ猫の茶まめさん(11才)や
s47
子供たち(10才)もくつろぎスペースとして使ってくれています。
s48
棚には無垢板の端材で作ったブックエンドのような可動式の板を置いていて、棚の左半分には秋にお空に行った2匹の猫たちと、秋に引き払った実家から持ち帰った“母の思い出たち”がならんでいます。
s49
ワークスペースで作業しながら見上げると大好きな母の思い出や、まったりくつろぐ猫たちが見えます♪
s50
はぅ〜かわいい( ̄▽ ̄)♡
s51
ここにキャット&ワークスペースっを作って、思っていた以上に使い心地の良さを感じています。

寝室のドアはいつも開けっぱなしなのですが、そのドアがいい感じにワークスペースの個室感をだしてくれること、ドアの隙間からリビングが見えることで閉塞感がなく、集中できるのに息苦しくないちょうどいい空間が生まれました(*゚∀゚*)
s42
ここが完成したらやりたかった“実家から持ち帰った大量の写真の整理”が、やっとひと段落しました。

ここができてから気持ち的にも色々な変化がありましたが、自分で1番びっくりしているのが、ここでブログを書き始めてからお休みすることなく更新できてること( ̄∀ ̄)

環境って大事なんだな〜と、つくづく感じました。


ーおまけー

今回このキャット&ワークスペースを作るにあたり、厚さ2.4cmの無垢板に直径20cmの丸い穴を開けるために色々検索して、業者さんが使っている「穴あけ工具」とそれを使うための電動ドリルを買ったんだけど
bangai_1

丸く切り取るやつ

上の↑丸く切り取るやつを使いたくて買った電動ドリル


穴を開ける前にドリルが壊れるという結果にみまわれました( ̄▽ ̄)
bangai_2
というわけで、家にあったIKEAの電動ドリル(FIXA 7.2v)で細々と穴をあけましたが、結果それで十分だった!

ドリルも穴あけ工具もポイントで交換したから、いっか。笑

今回使った材料費は?

・カラー合板(92×92)728円×6枚=4,368円
・杉無垢板4,580円×2枚=9,160円
・2×4材598円×6本=3,588円
・LABURICO854円×3個=2,562
・長アングル(10cm)188円×8個=1,504
・長アングル(15cm)楽天159円×20個=3,180円
・シンプソン78円×24個=1,872円
・木材カット×7点=385円

合計26,619円

ネジやつなぎ金具など、家にあったりポイント交換したものもあるので厳密ではないけど、3万くらいでできればと思っていたので、大満足です。

ちなみに、棚に使わなかった杉無垢板の1枚はリビングのTV台の上に置いて使っています。


だいぶ長くなりましたが…

築10年以上のおうちですが、その時々で使いやすく、できる範囲でアレンジして暮らすのはとても楽しいです(*゚▽゚*)

おうちが大好きな私。これからも猫たちといつも楽しく過ごしていきたいと思っています♡


キャットルームに壁を作る前は、キャットポールを自作していました。↓
 

 

 

 



 




btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます
    

3年ほど前に“ねこ部屋に自作したキャットステップ”。私は超めんどうくさがりなので、何か作る時に細かく採寸しとかしたくなくて、シャーっと測って「このへんかな」という具合に“だいたい”で作っているます。 ずっと寝室にもねこ部屋と同じようなことしたいと思っていた ... 続きを読む
3年ほど前に“ねこ部屋に自作したキャットステップ”。

私は超めんどうくさがりなので、何か作る時に細かく採寸しとかしたくなくて、シャーっと測って「このへんかな」という具合に“だいたい”で作っているます。




ずっと寝室にもねこ部屋と同じようなことしたいと思っていたけど「こんな風にしたい」というイメージがあまりなくて。

昨年わが家に起こった“色んなこと”がキッカケでひらめきがあり、寝室に『キャット&ワークスペース』を作ることにしました。その“こだわりポイント”は3つ(*゚∀゚*)ノ

今回の設置場所はここ。
s1
『ちょっと奥まったスペースに棚板を渡してしまおう大作戦!』

ちなみに、乗用車に乗せて運べるサイズのものしか買いません( ̄∀ ̄)

今回もねこ部屋の時と同様、使ったのはLABURICO
4
そしてカラー合板と2×4材
1
今回棚に使うのはビバホームで買った杉無垢板(1820×910×24)。2枚買ってカットしてもらいました。
2
そして前回も使った2×4用のシンプソンと、棚受けにユニクロ長アングル(2×20×100、2×20×150)
3
家での作業も前回同様、玄関で「この辺」ってとこにマステを巻いて
5
ギコギコ
6
切る。
7
マステを貼って
8
切る( ̄▽ ̄)
9
そして設置する寝室に
s1
材料を運び入れ
s0
猫のみなさんが見守る中、ラブリコで柱を立てていきます。
s2
ちゃんと図面とか作ってからやってるわけじゃないので、こんな感じで
s3
イメージしながらタテの柱を突っ張って
s4
1番最初に【デスクの高さ】を決めて、そこから上と下の棚の位置を決め、
s5
横の柱をシンプソンで取りつけていきます。
s6
コンセントの上の横柱が曲がってるけど、あんま気にしない( ̄▽ ̄)

そして「あ!コンセントを使いたいんだった!」と思い出し、どうやってコンセントを使えるようにするか考えます。(ここで。笑)
s7
で、曲がってた横柱(下)を外して、コンセントを使うための溝をノミで掘って、少し隙間をあてけ付けなおします。
s8
で、コンセントを使うために、カラー合板にも穴を開けます。
s9
こんな感じに。
s10
ちなみに大きなカラー合板は車に乗らないので、今回は最初から半分にカットされてるカラー合板にしました。

カラー合板が足らなかったので後で買い足したら、色が違ってました。どこまでもざっくりな性格〜( ̄▽ ̄)
s11
で、コンセントの位置には【点検口】を使うことにしました。
s14
今回の壁紙は、布地調グレイッシュベージュ。
k1
入荷待ちでこれが届くまで半月ほど待ちました。
k2

すでに同じカラーはありませんが、↓これの色違いです。

壁紙だけはKAZさんに手伝ってもらい
s12
数分であっちゅ〜間に貼り終えました。
s13
そして【点検口】の周りにも壁紙を貼って
s15
設置。
s16
コンセントは上の隙間から
s17
延長コードを入れて、こんな感じに使います。
s18
【点検口】を閉めると、こんな感じです。
s19
今回ワークスペースように買ってきた延長コードは、長さの違う1mと2m。
e1
パナソニックの同じものなんだけど、表面がちょっとこじゃれたデザインのものとシンプルなものを買ってみました。
e3
延長コードの交換の目安は3〜5年らしいので、これを交換する時のためにも【点検口】は大事な役割になります。
e2

壁ができたところで、長くなるので【後編】につづきます


今回使ったパーツ類
↓↓↓

棚受けにした長アングル15cm
(10cmはホームセンターで買いました)

ラブリコ


延長コードはホームセンターで買ってきましたが、楽天にもあります。

こっちがオシャレなpremium、木目もあります。


こっちがシンプルなやつ









キャットルームに壁を作る前は、キャットポールを自作していました。↓








btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます
   

わたしのデスクはKAZさんの仕事部屋にあるのだけど、KAZさんはweb会議や電話しながらの作業がとても多いので、なかなか使うに至らず。※現在のデスク周りはとっ散らかっています( ̄▽ ̄)また、わが家の寝室には、5年前のちょうど今頃購入した「IKEAのシェルフユニット」があ ... 続きを読む
わたしのデスクはKAZさんの仕事部屋にあるのだけど、KAZさんはweb会議や電話しながらの作業がとても多いので、なかなか使うに至らず。
image
※現在のデスク周りはとっ散らかっています( ̄▽ ̄)

また、わが家の寝室には、5年前のちょうど今頃購入した「IKEAのシェルフユニット」があります。
image





というわけで、ちゃんとした作業スペースが欲しい私はIKEAのシェルフが置いてある場所に、わが家のねこたちが元気に楽しく暮らせるよう、また、昨年夏にお空の遠足に行った“球と粒”の居場所も兼ねた『キャット&ワークスペース』を作ることにしました( ̄▽ ̄)

制作過程などは後日載せることにして…

完成した『キャット&ワークスペース』がこちら!

ハピバスデー、いっくん♪ 
1
「壁紙を貼る」以外はすべて一人で作った『キャット&ワークスペース』は
2
おおむね、ねこ部屋に壁を自作した時と同じ方法で作りました。

幅1690、ふたり並んで作業できるほどのスペースがあります。
3
ワークスペースからの移動には、上に昇るための穴をあけました。
4
今までのIKEAのシェルフの最上段より、新しいキャットスペースの上から二段目の方が少し低いくらいの高さ。
image
比べるとこんな感じ。
5
朝は陽がたっぷり入るので、窓のないねこ部屋に比べると日向ぼっこもでき、窓からの眺めもいいので、「新たなお気に入りスペース」になってくれるといいな〜と思っています。
6
そして、ここにあったIKEAのシェルフはKAZさんの仕事部屋へとお引っ越し!

また、昨日ご紹介した『お道具箱』はここで使おうと思って購入しました♪
7
デスク下に設けた収納スペースにぴったりサイズ♪
8
シンプルだけど、そこそここだわって作りました。

その辺は長くなるので今日はザッとのご紹介です。

寝室のキャット&ワークスペースの作り方はこちら!
↓↓↓




ねこ部屋の自作キャットステップはこちら
↓↓↓




寝室関連はこちら







btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます