世界中で話題沸騰『デス・ストランディング

昨年11月8日にリリースされたPS4用ソフトで、elie.ちゃんに教えてもらって12月初旬から始めたPS4のゲームです。
 

登場人物も超豪華俳優陣で、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のノーマン・リーダス氏、『007/カジノロワイヤル』にも出ているマッツ・ミケルセン氏、そしてあの三浦大知氏も。

マッツ・ミケルセン氏(左)とノーマン・リーダス氏(右)
1
『デス・ストランディング』は、ゲーム中にかかる曲も今までのいわゆるゲーム音楽とは全く違うもので、星野源氏の曲も。むしろゲームではなく映画に参加しているような感覚になります。

この『デス・ストランディング』に出てくる【ケース】(荷物)
2
を、ダイソー商品で作ってみました。 
1
ダイソー(200円)で買ったスマホケース。
2
内側は黒の二重構造。
3
200円にしては、かなりちゃんとした作りだと思います。
4
そしてもうひとつ
5
こちらは100円のカードケース。
6
並べてみると、こんな感じ。
7
その無機質なダイソー商品に
8
『デス・ストランディング』の
9
ダメージセンサー風マスキングテープを貼って
10
大事な物が入っているジュラルミンケースのような風貌に。
11
『デス・スト』ファンには一目でわかるものになりました。
12
カードケースは蛇腹になっていて
13
中にはプラスチックのカードも仕切りで分けて複数入れることができます。
14
入れすぎると蛇腹が壊れそうなので、適度に入れることをお勧めします。

スマホケースはゲームに忠実だと手で持った時にマステが隠れてしまうので、向きを変えて貼り直しました。
15
マステは簡単に剥がせるので、色違いを張り替えることもできます。
16
『デス・スト』グッズはビックリ価格で転売されていたりするのですが、そもそも販売されていないものを低コストで作るのも楽しい!
17
はぁ、カッコいい( ̄▽ ̄)♪

ゲームではケースをこんな風に背中に背負って進みます。
3
↑途中でラッコフードを手に入れて被ってるところ。

実在の有名俳優さんがラッコ被っちゃったり、アカンベーしたり、こういう小ネタがいっぱいあるのも楽しいのです。

私が中学生の頃インベーダーゲームが大流行して以来、ゲーム&ウォッチやファミコンその他、いろいろなゲームもやってきたけど、私が今までやってきたゲームで“過去最高にハマったゲーム”です。

『競うことが好きではない』マイペースの私にはぴったりのゲーム。

『デス・スト』ファンの方は100円商品で作ってみてはいかがでしょう。
ポーチも作ったので、写真撮ったら載せます〜( ̄▽ ̄)



ゲーム好きの方は絵日記ブログの『ゲーム編』もどうぞ!

私のゲームの師匠は人気インテリアブロガー↓


Rakutenにもキャリーケース風ケースあります


btn_twitter


bnrcat_1
ゆるゆる絵日記、お召し上がりください。
bnr
house_bnr

btn_blogranking_sora
空カフェの更新通知が届きます
LIMIAはこちら!
2